フォトアルバム

かぞえる君

Blog人気投票

  • 人気投票

お友達のブログです。こちらもよろしくお願いします。

  • 古市のかんさん
    私の師匠のHPです。よろしくお願いいたします。
  • ナラリーノさま
     「楽しいこといっぱい☆ナラリーノ国は国民総幸福(たぶん)」とのコピーは伊達じゃありません。いつも本当に楽しませていただいております。私も「隠れナラリーノ国民」です(笑)。
  • 黒蜜@きなこさん
     お料理だけでなく、日常の様々なもの・ことを@きなこさんらしい視点で紹介してくれます。@きなこさんらしい視点に、いつも癒されます。
  • さっかんさん
    私の人生の師匠のおひとり、さっかんさんのblogです。よろしくおねがいします。
  • uccosan
     もう長いおつきあいですね~。でも、いつまでたってもpureなその視点には、心が洗われます。
Powered by Six Apart

2016年8月28日 (日)

石切さんにお参りしてきました・・・2016.8月

Img_1997

 今日も完全フリーの一日。昨日に続いて映画を観に行きたいなあとも思っていたのですが、その前に石切さんにお参りににも行きたい。月一回のお参りが今月はまだですので。いえ、だれに強制されているわけでもありませんが、なんとなく気持ちのもので・・・coldsweats01。といういことで、まずは早朝から石切さんにお参りに行くことにしましたconfident

 最近はどこに行くのにも(歩いていく場合は、です)ポケモンGOをしながら行きます。普段と違うところに行くと、また違ったポケモンが出てきますからねえshine。通常はスマホゲームなどは全くしない私ですが、これは社会現象になっているだけあって、かなり面白いですhappy01。はい、危険のないように楽しみます。

 近鉄石切の駅を降りて参道を歩いていきましたら、ポケストップ(いろいろなアイテムがもらえる場所)がたくさんあることにまずびっくりsign01。最初の写真の像なんかは、モンスターボールがたくさんもらえてうれしかったです。それから、普段なら出会えないポケモンにもたくさん出会えて満足でした。

 目的地の石切さんの中にもポケストップはありましたが、この中ではさすがにスマホの電源は切りました。やぱり厳粛な気持ちでお参りしないとね。私もいつものように真剣にお参りしましたし、ここに来られている方々は本当にいつものように熱心でしたshine

 ここのお参りが住みましたら、映画を観に行こうかなあと考えていたのですが、ちょっと今日は体調が今一つ。ということでまっすぐ家に帰りました。明日からまた仕事ですからねえ。今日は帰宅後はテレビの前でゴロゴロと過ごしました。明日は台風が接近するようですが、どこにも被害が出ませんように祈りたいと思います。適度な降雨は必要なのですけどね。それでは。

2016年8月27日 (土)

映画『君の名は。』観てきました

Img_1993 今日は学校に行く三男を送り出した後、映画を観に行ってきました。新海誠監督の新作『君の名は。』です。これ、もうずいぶん前から気になってたんですよね~。なんといっても2年前だったでしょうか、年間のベスト1に押した「秒速5センチメートル」の新海監督の新作ですからね~。どんな世界が描かれるのか、もう興味津々でしたconfident

 詳しい感想はまた近々「映画の話」で書かせていただきますが、期待通りとっても良かったです。キュンキュンなりましたcoldsweats01

 朝8:20からの上映でしたが、そこそこお客さんは入ってましたよ。明日は「後妻業の女」観に行こうかな~。でもその前に石切さんにお参りにいこうかな~。雨になりそうですけどねrain

2016年8月26日 (金)

経験を生かして・・・吉田沙保里のその後

Img_1982

 先日、リオオリンピックの決勝で敗れた吉田沙保里さんの今後に期待する記事を書きましたが、今朝TVでその後の気持ちを問う質問に対して答える吉田さんの姿を見て、非常にうれしい気持ちになりましたconfident

 リオオリンピックから数日経って、現在の気持ちを問う質問に対して、吉田さんはこんな風に答えました。「今までは金の(つまり優勝者の)気持ちしかわかりませんでした。けれど今回、もちろん金の方がよかったのですけれど、銀の気持ち(つまり敗者の気持ち)もわかるようになりました。これを今後に生かしていきたいと思います。」

 吉田さん、素晴らしいshine。私が期待しているのもそういうことなのです。人間はいろいろなことを経験して成長していく生き物です。そして、うれしいことよりも、辛いこと・悲しいことをたくさん経験した方が、人間の幅は広くなります。吉田さんも今回辛いことを経験されて、これを乗り越えて人間の幅を広げてほしいと思っています。今回の経験は特に指導者になった時、必ず生きてくると思いますshine

 話はちょっとずれるかもしれませんが、あまり挫折を知らない指導者が、昨今の「体罰問題を生む」と私は思っています。吉田さんは敗者の苦労も知って、「いい指導者」になってほしいと思います。

 リオの熱もそろそろ冷めてきて、また次のスポーツの熱に移行してきていますね。プロ野球もそろそろ大詰めにきておりますし、ラグビートップリーグは今夜開幕を迎えました(ヤマハのスクラムには感動しましたhappy01)。オリンピックは終わりましたが、まだまだスポーツから感動を与えてもらえそうです。これからもいろいろなスポーツを「はしご」していきたいと思いますconfident

 写真はうちの近所から見た、あべのハルカスです。ハルカスは大阪のどこからでも見えるから素晴らしいです。まさにランドマーク、です。

2016年8月25日 (木)

リオオリンピック、楽しかったなあ・・・

705e6400fc0027f541249ce1598ff3b4_15

 いまさらですが、リオオリンピック、楽しかったですね~happy01。夜寝る前にいろいろな競技の導入部分(例えば一回戦とか)を観て、そして翌朝5時くらいに起きて一番大切なところ(例えば決勝とか)を観る・・・、そして夜のいわゆる一番いい時間、7時くらいからその日のダイジェストを観て楽しむ・・・というようなリズムになっていましたから、正直今はちょっと”リオ・ロス”ですわcrying

 でもね、こんな風に”リオ・ロス”になるほど楽しませてくれたオリンピックって、今までほかになかったかもしれません。いえ、どの大会もそれなりには感動させてくれましたけどねconfident

 今回はなんといっても卓球(特に女子)、柔道、ラグビー(特に男子)、水泳、体操、レスリング、そして陸上(特に4×100mリレー)などなど、どの競技も感動を与えてくれて、もう本当にお腹いっぱいでしたcoldsweats01。「スポーツってやっぱりいいな~」って、本当に思わせてくれましたhappy01。(スポーツって本当にこんなにいいものなのに、例えば「ドーピング」とかって、もってのほかですよねannoy。ちょっと話は、ずれましたが。)

 さあ次は東京大会。私はそこまで元気でやれているかどうかわかりませんが、なんとかこの目で見たいなあと思っています。次の大会でも今回と同じような感動を与えてもらえるように、期待していますconfident。・・・でも、”リオ・ロス”にはなっているのですが、その分をタイガースに癒してもらいましょう。ここのところ調子が上がってきてますしflair。それと、ラグビー・トップリーグ、実は明日開幕です。こちらも楽しませていただけることを期待してます。実は私、一試合またレフリー団の一員として関わることがすでに決まっています。頑張りますconfident。ということで夏は終わりかけていますが、スポーツの秋、まだまだ楽しみたいと思いますconfident

2016年8月23日 (火)

映画『聲の形』の舞台に行ってきました・・・”さいはて”に行ってきました・番外編3

Img_4229_2

 今回の能登半島一周ツーリング、2泊目は岐阜県大垣で泊まりました。ここは以前も行ったことがるのですが、掘割のある非常に落ち着いた町で、もう一度行ってみたいと思っていたのです。ですので今回、宿泊地として選んだのです。

 実際行ってみると、9月17日全国公開のアニメ映画『聲の形』のPRがすごいsign01。この映画のロケ地といいますか、舞台が大垣市らしいのです。ということでこの映画で町おこしということなのでしょうが、舞台を紹介した冊子なども置かれていましたので、それに従いまして、ちょっとご紹介したいと思います。私も以前からこの映画には興味を持っていたのですが、まだ観ておりません。実際に観たらもっともっと「なるほど」と思うのでしょうけれど・・・。

Img_4228

 まずは大垣駅。駅っていうのはどんな物語でも、お話の中心になりますよね。いろんな人の人生が交差しま

Img_4237_2す。この映画でもよく登場するようです。

 それから大垣公園。ここは場所としては大垣城の横ということになります。主人公二人が大切なことを語り合う場所・・・ということになるようです。公園って、そういう場所ですよねconfident

Img_4246

 写真左は総合福祉会館です。ここも映画の中では大切な場所として登場するようです。

Img_4256_2

 そして、大垣といえば何度も書いていますが、やっぱり「掘割」です。小さな川が町を取り囲むように流れていて、それがとってもいい雰囲気なのです。落ち着いた、しっとりとした雰囲気を醸し出していますconfident。映画の中でも印象的な場所として何度も登場するようですshine

Img_4274

 大垣の町を歩いていると、最初にも書きましたように

Img_4275_2

映画『聲の形』のポスターやのぼりがたくさんありました。それらの一つにこのような文章を発見sign01。町の人のこの映画にかける思いがとてもよく表れておりました。

 8月末から9月にかけては私も見たい映画がたくさんあるのですが、この『聲の形』もぜひ観に行きたいと思います。


2016年8月22日 (月)

『 底辺女子高生 』(豊島ミホ・著)読みました

Img_1858

 中学生活はそれなりに楽しくやれていたのに、高校に入ってから歯車が狂い始め、2年生になったころから不登校・保健室登校。補習補習でほかのみんなから少し遅れてようやく卒業・・・。そんな豊島ミホさんの高校時代の思い出や高校時代に考えていたことなどが綴られています。「バラ色の高校時代だった」などという人にはまったく共感できないでしょうが、それなりに人間関係に悩み、思い通りに行かない高校生活を送った覚えのある人には、多かれ少なかれ共感するところがあるはず。私も豊島さんほどではありませんでしたが、どちらかといえば地味な高校生でしたからねえ。

 特に「紅ショウガの夏休み」「夏の終わり」は秀逸でした。そしていろいろなことがありながらも、最後にはそれなりに顔を上げて人生を進んでいこうとする姿が見えて、ちょっと救われたような気持ちになりましたconfident

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

2016年8月21日 (日)

映画『さいはてにて』のロケ地に行ってきました・・・「”さいはて”に行ってきました」番外編2

Img_1949

 輪島から能登半島の”先っぽ”を目指し走っていきますと、その”先っぽ”の少し手前に「木の浦パーキング」というところがあります。そこを海側に少し下りますと(本道からの分かれ道のところに小さな看板があります)、映画「さいはてにて」の主な舞台になっております「ヨダカコーヒー」そして「民宿やまさき」があった場所があります。「場所があります」といいますか、映画の場面がそのまま現れますflair。そしてそのわきにはコーヒーショップもありまして、ちょっとした「映画公園」みたいな感じになっています。

Img_1951

正直この作品、映画としては「まあ普通」だったのですけれど(ファンのみなさますみません。詳しくは「映画の話」で。http://ichi-papa.blog.eonet.jp/default/2016/06/post-a4e4.html)、雰囲気はとっても良かったのですよね~mist。静かな海と、波の音が印象的で。で私も

Img_4206

機会があれば一度この場所に行ってみたかったのです。今回、その願いは叶えられました。左の写真(最初のものと2枚め)は映画の1シーンなのですが、この「ヨダカ珈琲」の建物はそのまま残っておりました。それがこちら。右の写真です。

Img_1950


 そして、佐々木希さんが住んでいる「民宿やまさき」左写真は映画の1シーンなのですが、これ

Img_4210

もそのままありました。右写真です。なにか工事中っぽくて、そばに寄ることはできませんでしたけどね。

 聞いた話では期限付きで「ヨダカ珈琲」の建物は保存されていて、期間が過ぎれば取り壊されるとのことでしたので、私が行った時(2016.8.11)には取り壊されているかなあと思っていたのですが、そんなことは全

Img_4204_2

くなく、先ほども書きましたがこれをもとに公園として整備されている感じがしました(左の写真参照)。こういうのって町おこしにもとってもいいんじゃないかと思いますし、いつまでも残していってほしいですconfident

 映画の中でも「ここの波の音が・・・」という永作さんのセリフがあるのですが、この地に立って私がちょっと驚いたのは、本当に波の音がちょっと大きいこと。他に音が聞こえませんので、本当に波の音が心に染み入ってくる感じがしました。大げさなことを言いますと、この波の音を聞くためにこの場所に行ってみるだけでも価値がある気がしましたshine。本当に映画の世界観そのままに、癒される場所でしたshine

Img_4211


映画の話・1161 「 秘密 THE TOP SECRET  」

167085_11

 2016年の日本映画です。

 漫画が原作だということですが、犯罪捜査というかその謎解きの方法に新しい切り口を見せてくれたという点で、なかなか見ごたえがありました。それにちょっとグロい場面もありましたがその映像も斬新でしたconfident

 確かにこんな風に死者の脳を「見る」ことができれば、冤罪はかなり減るでしょうし、望まぬ死を迎えてしまった人々も少しは救われることでしょう。けれど本編でもあったようにそこは「神の領域」、人間が踏み込んでいいものかどうか、今一度考えなければいけないなあと思いました。すべてが白日の下にさらされることが、本当に良いことかどうか・・・。人間は誰でも人に知られたくない「秘密」を持っているものですから、すべてがされされるのは、やっぱり問題がるのでしょうねthink
  
 最初に書きましたように、そのテーマは斬新でかなり引き込まれたのですが、ラストの幕引きに詰めの甘さを感じました。映像・音楽・演技などかなり良かったので、お話の詰めの甘さが残念でなりません。それでもかなり楽しませていただいたという点で、評価の方、☆4つとさせていただきます。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

 追伸:私、薄暗い部屋で生田斗真さんたち「第九」の人たちが小市慢太郎さんたちに事件の再捜査をお願いする場面で、生田斗真さんのうしろにちょこっと映っておりますconfident

2016年8月20日 (土)

ポケモン、ゲットだぜ!

Img_1977 今日は朝から神戸へ。いつもの”おたのしみ”に参加するためです。短時間でしたが、楽しめました。目当ての方も来られてましたしねheart02

 で、お昼前には終了したのですが、私はそのまま三宮からメリケンパーク・元町あたりをぶらぶら。何のためかといいますと・・・そう、私、先日より今はやりの”ポケモンGo”にはまっているのです。で、新しいポケモンをゲットするために、ちょっとうろうろしてきましたhappy01

 やっておられる方はお分かりだと思うんですが、同じところではだいたい同じポケモンしか出ないんですよね~。特に私が住んでいるところなんかは田舎ですからさえないポケモンしか出ないsweat01。ですので実は先日時間があるときには梅田に行ったり天王寺に行ったりして、うろうろしてきましたcoldsweats01。で、今日は神戸というわけです。ポケモンGo、面白いですわ~shine。期待通り今まで出てこなかったポケモンがゲット出来て、満足ですflair

 でもね、私が流行に乗るなんて、かなり珍しいのです。それから、スマホのゲームをすることも。いままでこんなこと、無かったですからね~。でも、やってみるとおもしろいです~。周りに迷惑をかけないように、それから事故を起こさないように、楽しみたいと思いますconfident

2016年8月19日 (金)

グッド・ルーザー・・・吉田沙保里のこれから

Img_1969

 今朝は5時に起きた。リオ・オリンピック女子レスリング53キロ級・63キロ級・75キロ級の決勝を見るためである。前日の三人連続金メダルを受けて、この日も決勝まで進んでくれるだろうとの期待を込めての早起きである。

 実際に起きてみると、すでに75キロ級の渡利の姿はなかったが、63キロ級の川井、53キロ級の吉田は期待通り決勝にコマを進めてくれていた。

 で、吉田である。ご存知五輪4連覇を目指す「霊長類最強女子」である。この決勝でもきっと勝って、金字塔を打ち立ててくれるだろうと、日本中の誰もが期待した。

 …結果、敗れた。衝撃的だった。けれど正直、ポイント差以上の完敗であったように私の眼には映った。ただ、納得のいかない反則や理不尽なプレーはなく、相手が吉田のスタイルをよく研究していた。吉田はそれに負けた。相手は強かった。という風に、私は期待の吉田が敗れたことに対しては、もちろん残念だがそれほどのショックはなかった。ただ、敗戦後ただひたすら涙を流して謝る吉田が哀れで仕方がないとは感じたが。今回オンオリンピックで金メダルを取れなくても、だれもそれを責める人はいないのに。これまでの吉田の功績を考えたら、本当によくやったと誰しもが思うはずなのに。

 そこで、吉田の今後である。引退して指導者になるのか、まだまだ現役を続けて東京オリンピックを目指すのか、それは本人の納得する道を選んでくれればよい。ただ今回のオリンピックに関して、敗れたことに関して必要以上に悲観する必要はない。必要以上の謝罪、後悔は観ているものにもあまり快くない。

 勝負が「勝負」である以上、必ずどちらかが勝ち、どちらかが負けるのだ。そして全出場選手はたった一人(優勝者)を除いて全員が必ず負けるのだ。そういう状況を考えると、選手は最終的にはグッド・ルーザーを目指すべきだと私は思う。良き敗者、とでも訳すべきか。敗れてなおかつ立派な行いをするもの、とでもいえばよいか。

 吉田もついに敗者になったがそれは日本時間で今朝の一試合でのこと。この敗戦をしっかり次に生かすことができれば、この敗戦は価値のあるものになる。この敗戦は選手としても指導者としても、「幅」を与えるものになるはず。そういう意味では「この敗戦には価値がある」ということになる。

 泣いてばかりではなく、謝ってばかりではなく、敗戦後の行いを正し、明るく前を向いて、どの方向であれ前を向いて進んでいってほしいものである。吉田沙保里の今までの行いは正しかったし、これからも正しい道を歩んでいってくれるものと期待している。すべての選手はグッド・ルーザーであるべきだ。そして吉田はそうなることができるはずだ。今朝の一試合には敗れたが、決して人生の敗者ではないはずだ。