フォトアルバム

かぞえる君

Blog人気投票

  • 人気投票

お友達のブログです。こちらもよろしくお願いします。

  • 古市のかんさん
    私の師匠のHPです。よろしくお願いいたします。
  • ナラリーノさま
     「楽しいこといっぱい☆ナラリーノ国は国民総幸福(たぶん)」とのコピーは伊達じゃありません。いつも本当に楽しませていただいております。私も「隠れナラリーノ国民」です(笑)。
  • 黒蜜@きなこさん
     お料理だけでなく、日常の様々なもの・ことを@きなこさんらしい視点で紹介してくれます。@きなこさんらしい視点に、いつも癒されます。
  • さっかんさん
    私の人生の師匠のおひとり、さっかんさんのblogです。よろしくおねがいします。
  • uccosan
     もう長いおつきあいですね~。でも、いつまでたってもpureなその視点には、心が洗われます。
Powered by Six Apart

« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

今までほんとうにありがとう・3・・・高校の時の陸上部のみんな

P1010095_2

 今までの人生を振り返って、お世話になった方々に改めてお礼を言うシリーズ、その第三弾でございます。久しぶりですがsweat01

 今回は、高校の時に私が所属していた陸上競技部の先生や同期のメンバーに、お礼を言いたいと思いますconfident

 たびたびここを訪れてくださっている方々や、リアルで私を知ってくださっている方々は、私のことをラグビーなど「スポーツが得意な人」「スポーツ界の人」だと思ってくださっているのではないかと思います。確かに高校・大学と体育会陸上競技部で活動し、その後就職してからは縁あってラグビーの世界でお世話になっております。自慢のようで恐縮ですが、選手時代は某県の代表選手として活動させていただき、30歳を越えてレフリーに転身してからはそれなりにキャリアを積み重ね、昨年末にはついにトップリーグのレフリー団にも名を連ねるようになりましたconfident。 

 ただそれでも私自身は、本を読んだり映画を観たりすることも好きですし音楽も大好き、もともとは文科系の人間だと思っているのです。そんなインドアな人間がふとしたきっかけでスポーツに目覚め、人生の幅を広げ人生の楽しみを広げることになりました。そのきっかけを与えてくれたといいますか、その転機に大きな力を与えてくれたのが、高校の陸上競技部のみんななのですshine。そのことについて、長くなりすぎない程度に書かせていただきますねconfident

 先ほども書かせていただいたように、高校入学頃までの私は、家で漫画を読んだり音楽を聴いたりギター(ベース)を弾いたりするのが好きな、地味な生徒でした。高校のクラブもフォークソング同好会に入部しました。けれど、そんな高校生活を送る中、「こんな日々を送っていていいのか?」という気持ちがふつふつと湧き上がってきました。

 高校1年生の終わりごろ、毎日の生活を変えたい。自分の人生を変えたい。このまま高校生活を中途半端なまま終えていいのか?そんな風に思った私は、一念発起してスポーツを始める、すなわち運動部に入ることを決意します。ところが実際には運動は苦手でしたので、何部に入っていいかわからない。そこで、どちらかというと野球は得意でしたので、軟式野球部に「入部させてくれませんか」と打診してみました。硬式はさすがに入ろうとは思いませんでしたが、軟式ならなんとかなりそうな気がしたのです。けれど、すでに部員がたくさんいるからという理由で断られました。ちなみにこの軟式野球部は次の次の夏(高3の夏)、大阪代表として全国大会に出場しましたcoldsweats01

 入る部が見つからない私は、そこでふとひらめきました。自分は別に強く・うまくならなくてもいいから、コツコツ練習だけしよう。自分がいることでほかの部員に迷惑がかかるような部には入らないでおこう。そう考え、それに該当する部を考えたとき、「そうだ、陸上競技部に入ろう」と思い立ったのです。陸上競技部なら、自分の足が遅くてもほかの人に迷惑はかけないだろう、別に速くならなくてもコツコツ練習できれば自分としては満足だ。そんな風に考え、今度は陸上競技部に「入れてくれませんか?」と言いに行ったのです。

 実は陸上競技部でも最初は断られたのです。でも、もう一度お願いに行ったら、入れてもらえました。で、そのあとはグラウンドの端っこを地味に走っておりましたconfident。私は長距離を希望したのですが、先生に中距離の方が向いているといわれ、中距離選手として練習することになりました。練習はまじめにするつもりでしたが、強くなる気はありませんでしたから、私にしたらどちらでもよかったんですけどねcoldsweats01

 こうやって私の運動部生活が始まったのですが、ここで大切なのはやっぱり環境ですよね。入った部の雰囲気が悪かったり、いじめられたりしたら、クラブは続かなかったでしょうし、スポーツも嫌いになっていただろうと思うのです。けれど、私の入ったK高校陸上競技部はそんなことは全くありませんでした。初心者で、どちらかというと運動音痴(当時は、です)だった私にもみんなにこやかに接してくれ、ひと月も経つころにはもう昔からの仲間のように接してくれていました。

 その後私は、自分でいうのもなんですが、足もだんだん速くなり(練習はまじめにやってましたからね)、それなりに運動ができるようになっていきました。周りの(同じクラブ以外の)みんなにもそれなりに認められるようになり、自分にも自信が出てきて、そこから私の人生は大きく変わっていきました。

 そんな風にその後の人生が大きく変わり、人生を大いに楽しめるようになったのも、そのきっかけは高校で陸上競技部に入ったからです。そしてスポーツが苦手だった自分が運動部に入り、続けることができたのも、その時のクラブのみんなが私に温かく接してくれたからです。あのメンバーでなかったら、私の人生はもっともっとしょうもない・味気ないものになっていただろうと思うのです。

 みんな本当にありがとう。みんなのおかげで、私の人生はとっても楽しいものになりました。なかなか経験できないことも経験させてもらえました。本当にありがとう。これからあとどれぐらい人生が残っているかわからないけれど、これからもよろしくお願いします。また、みんなで会いましょうconfident。・・・ちなみにこの時の同期のみんなとは、高校卒業後も2・3年に一度は集まっております。

 写真はうちの近くの博物館です。私の通っていた高校の名前と同じ町にありますshine

2016年4月29日 (金)

二度目のお百度参り

Img_1690

 GW中唯一のお休みである本日、朝から”石切さん”に行ってきました。前回は3月の半ばでしたっけね~。最近また行きたいなあと思っていたのです。

 石切さんは言ってみれば”24時間営業”、いつ行ってもお参りできるようですので、比較的朝早くに出かけてみました。石切さんには8時30分くらいに到着。さっそく”お百度参り”を始めました。今回で二度目です。

 GW中のためか、比較的朝が早かったためか、いつもより人が少なかったように思いましたが、それでも参っている方々の真剣さといいますか、思いの熱さはいつもと変わりません。私も心を込めてお参りしました。この願いが叶えられるのかどうかはわかりませんが、とにかくやれることはやっておきたいといったところですconfident

 30分ほどかけてお百度参りをした後、今度は天王寺にある”一心寺”に向かいました。母親の命日が近いので、そのお参りです。お寺からはがきをいただいておりましたのでねconfident。そういえば母親の晩年、「おかん、どこか行きたいところ、あるか?」と聞いたら、「石切さんにもう一度いきたいなあ」って言ってたのを思い出しました。結局連れて行ってあげることはできませんでしたけどね。そのことも詫びながら、今朝行ってきたことも報告。この年になって石切さんによく参っていることも、何かを縁を感じますconfident

 明日からはずっと仕事です。まあ、ウィークデーほど忙しくはないのですけれど、休みではありません。まあ、無理しないようにやってきます。みなさんも楽しいGWをお過ごしくださいねconfident

2016年4月26日 (火)

映画の話・1126「 スターウォーズ/フォースの覚醒 」

165244_11

 2015年のアメリカ映画です。

 新しいシリーズの始まりであるこのVII、今までの作品に負けず劣らず、ワクワクさせてもらえましたconfident。なんといっても新ヒロインがいいですねshine。芯が強そうで、そして健気で、VIII以降の展開に期待が持てます。そして、新しいことばかりではなく、旧シリーズとのつなぎの部分にもわくわくさせられました。ハン・ソロが出てきたところ、そしてレイア姫が出てきたところでは「待ってました」っていう感じでしたhappy01(でもレイア姫、年を取りましたね)。

 基本的には今までの作品を踏襲しながら、新しい描き方もされている・・・。スターウォーズシリーズ、まだまだ楽しませてくれそうです。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1125「 スターウオーズ エピソード3/シスの復讐 」

143497_11

 2005年のアメリカ映画です。

 IV、V、VI、I、IIと観てきてのIII、いよいよここまできたかといった感じですfuji。お話はいかにアナキンがダースベイダーになっていったか、そのいきさつが語られます。映像そのものもアクションシーンも素晴らしかったですが、わたしはアナキンの苦悩が見ていて辛かったですsweat01。もうすこしなんとかならなかったのかなあと、どうしても思ってしまいます。最近よく言われることですが、「誉めて育てる」って感じでやってもらえれば、結果は違ったんでしょうねえwobbly

このIIIの最後が、最初に公開されたIVに繋がって、観ている私には宇宙の永遠性みたいなものを感じました。まさに宇宙を舞台にした一大叙事詩、世界中でこれだけ注目を集めるのもうなずけます。いつまでも続いていってほしいですshine

 私の評価:☆☆☆☆☆(5つが満点、つまり満点です)

映画の話・1124 「 スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 」

138970_71

  2002年のアメリカ映画です。

 IV、V、VI、Iと見てきてのII、まず思ったのは映像がとってもきれいになっているということshine。ここ数年の間に映像技術も格段に進歩したんですねえ。こんなところにもこの作品の歴史を感じてしまいます。で、お話の方・・・。
 全編を通して不穏な空気が漂っていますsweat01。まあ、観ているこちらはその後どうなるかわかっておりますので、そういう目で見てしまっていますからそう感じるのかもしれませんが。でもね~、主人公の心が段々と折れていくのがよく伝わってきて、もう少しなんとかならなかったのかなあと切に思いましたcrying。他の先輩方ももう少しうまく導いてやってほしかったなあと思ったりします。まあ、主人公も甘いところは多分にありますが。
さあ、残すところIII、そしてようやく最新作です。ようやく世間に追い付けそうです(笑)。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1123 「 スターウォーズ エピソード1/ファントムメナス 」

157945_11

   1999年のアメリカ映画です。

 IV・V・VIと観てきて、満を持してのIといった感じですconfident。ここから物語が始まったんだなあと思うとなにかしら感無量。本作自体の物語はそれなりの形で落ち着きますが、それはこれから起こる物語のまさに「序章」にすぎないと分かっているので、観終わっても気持ちが落ち着きませんwobbly

 これがどのような形で「IV」につながっていくのか、II・IIIに対する期待が高まるばかりです。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1122 「 スターウォーズ/ジェダイの復讐 」

805279_11 1983年のアメリカ映画です。

 いわゆるエピソードVI。けれど公開当時は3部作の完結編といった意味合いが強かったのでしょうか。確かにいわゆるIV・Vと観てきてこのVI、本当に大団円といった感じでしたshine

 前作からの続きでカエルの親玉みたいな親分が支配している世界での戦いもハラハラさせられましたし、その後の様々な場所での戦い、そして最後のダースベイダ―との戦いも、単なる善悪の戦いを越えた感動を与えてくれました。そしてラスト、観ている私にも「やりきった感」を感じさせてくれましたconfident

 ここからつぎは「エピソード1」を見ることになりますし、このVIの次にも最近公開された作品があるのですが、それでもとりあえずの大団円、いいものを見せていただきましたconfident

 私の評価:☆☆☆☆☆(5つが満点、つまり満点です)

 

映画の話・1121 「 スターウォーズ/帝国の逆襲 」

805280_11

 いわゆるシリーズ2作目。でもⅤにあたりますcoldsweats01。1980年のアメリカ映画です。

 IVに続いて、DVDにて観賞shine。IVはそれだけで一つの作品として完成していましたが、この作品は今後も続くシリーズの中の一作として、いわば「つなぎの作品」という位置づけです。けれど、面白くなかったかといえばそうではありません。様々な出来事が起こり、まだ未解決なことも含めてそのゆくへが気になりますshine
 解決が次作以降に持ち越されていることも多いので、スッキリはしないのですが、それでも見終わるとそれなりに納得、期待がさらに高まるという、不思議な作品です。「つなぎ」の作品としては、やっぱり名作ですshine

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1120「 スターウォーズⅣ 」

800900_11 1977年のアメリカ映画です。

 私、映画好きを自認していながら、いままでスターウォーズシリーズを観たことがなかったんですよね。もう、ただの一作もcoldsweats01。でもね、最新作が公開された時の全世界での大騒ぎを目の当たりにしまして、「これはやっぱり観なきゃダメだろ~」と思い、一念発起して過去のシリーズをすべて観ることにしましたconfident
 そこで、何から観るか?・・・公開順か?Iからか?と迷ったのですが、やっぱり公開順に観ることにしました。で、その第1作ということで、本作です。

 これには「IV」とは書いてないのですね~。公開当時、シリーズとして続くかどうかわからなかったので、「IV」とはつけなかったとのこと。確かにこの一作で、きちんと「独立した作品」として仕上がっておりましたshine

 まさにSF大活劇映画でしたね~。個人的にはハン・ソロのちょっとふざけた感じが気に入りました。それにドロイドの2体。コミカルでボケと突っ込みといった感じで、映画にいいアクセントを与えておりました(「隠し砦の・・・」のエピソードは以前から知っておりました)。

 今の時代に観れば確かに前時代的ではあるのですが、それがまたいい味になっております。先ほども書きましたが、まさにSF大作といった感じで、ハラハラドキドキしながらも、安心して観ることができました。

 私もこれでようやくスターウォーズ・デビューです。次は「V」、楽しみたいと思いますshine

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

いきなりスターウォーズ祭り

2012

 とつぜんですが、いきなり”スターウォーズ祭り”、始めたいと思います。スターウォーズ素人の私ですが、映画の感想をずらっと書きたいと思います。よろしくお願いします。

 写真は、2012年のスーパームーンです。