フォトアルバム

かぞえる君

Blog人気投票

  • 人気投票

お友達のブログです。こちらもよろしくお願いします。

  • 古市のかんさん
    私の師匠のHPです。よろしくお願いいたします。
  • ナラリーノさま
     「楽しいこといっぱい☆ナラリーノ国は国民総幸福(たぶん)」とのコピーは伊達じゃありません。いつも本当に楽しませていただいております。私も「隠れナラリーノ国民」です(笑)。
  • 黒蜜@きなこさん
     お料理だけでなく、日常の様々なもの・ことを@きなこさんらしい視点で紹介してくれます。@きなこさんらしい視点に、いつも癒されます。
  • さっかんさん
    私の人生の師匠のおひとり、さっかんさんのblogです。よろしくおねがいします。
  • uccosan
     もう長いおつきあいですね~。でも、いつまでたってもpureなその視点には、心が洗われます。
Powered by Six Apart

« お疲れ様でした・・・でも本当にうらやましい | メイン | ポケモンはどこへ行ったの? »

2016年12月 3日 (土)

『 コンビニ人間 』(村田沙耶香・著)読みました

Img_2150

 第155回芥川賞受賞作。受賞当時かなり話題になりましたよね~flair。実は私、芥川賞や直木賞を取った作品を読むことが時々あるんですが、あまり面白いと感じたことがないんですよね~。ですので私の中ではこれらの賞の受賞作はむしろ「はずれ」じゃないかという印象があるのです。でも先に言ってしまいますが、この作品、なかなか面白かったです。次男から「おもしろかったで~」というラインを受け取り、近所の図書館に借りる予約をしてから約一か月、ようやく順番が回ってきて読むことができたのですが、読みやすさも手伝って一気読み。実時間3時間ぐらいで読むことができましたhappy01

 小さい時から世間の感覚から外れた言動で変わり者扱いされてきた主人公・古倉さん。その彼女が初めて「社会」に認められ「普通」の仲間入りができたと感じた場所がいわゆる「コンビニ」。コンビニで徹底的にマニュアル通りに動くことによって世間に認められ、初めてそこに「自分の居場所」を見つける。でもそこに様々な登場人物が現れ、特に変わり者「白羽さん」があらわれたことによって古倉さんの世界も崩れていき・・・。といったお話です。

 ちょっと変わったお話ではありますが、共感できるところもあり、また「社会」「世間」「普通」についての考え方はなるほどと思うところもたくさんありました。

 ラスト、古倉さんが自分らしさを発見し自分の居場所を見つけるところは一見「ハッピーエンド」なのですが、本当にそれでいいのか?との疑念も見え隠れします。そういう意味ではちょっとブラックな余韻も残す終わり方です。

 とにかく、サクサク読めますので、興味のある方は読んでみるといいのではないかと思います。

 追記:このお話の主人公・古倉さん、ちょっと精神的に障害があるといいますか、周りの空気がほぼ読めない方のようですね。ただ、そのことを自分で分かっていて、何とかしようと努力されているだけ「いいなあ」と思いました。世間では「自分がまったく空気が読めない」ということにまったく気付かず、周りに迷惑をかけて平気な方がいらっしゃいますからねえ。ええ、私の職場にも一人いらっしゃいます。いくらいろいろ問題を抱えていらっしゃるとはいえ、本当に迷惑していますdash

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

コメント

わたし買って読みました^^
面白かったですよね。
古倉さんと自分を重ね合わせてしまいました、社会ってある程度年齢が行くとなんでこの歳でそんなんなん?っていう空気を感じて居心地悪い時あります。
この本を読んで、生き方って色々あるなーと少し思ったりしました。

もぐさんへ

 確かに誰でも「古倉さん」みたいなところはありますよね。で、変に思われないために「普通」を演じたりして。誰にでもそういうところはあると思います。私はいつも、いろんな場合の「正解」を探しています。例えば他人に声をかけられたときの返答の「正解」はなんだったかな?とか、この場合はどう行動するのが正解だったのかな?とか。年齢を重ねてようやくずいぶん「正解」がわかってきました。年を取るっていうことはそういうこと(正解がわかってくるということ)かもしれませんね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。