フォトアルバム

かぞえる君

Blog人気投票

  • 人気投票

お友達のブログです。こちらもよろしくお願いします。

  • 古市のかんさん
    私の師匠のHPです。よろしくお願いいたします。
  • ナラリーノさま
     「楽しいこといっぱい☆ナラリーノ国は国民総幸福(たぶん)」とのコピーは伊達じゃありません。いつも本当に楽しませていただいております。私も「隠れナラリーノ国民」です(笑)。
  • 黒蜜@きなこさん
     お料理だけでなく、日常の様々なもの・ことを@きなこさんらしい視点で紹介してくれます。@きなこさんらしい視点に、いつも癒されます。
  • さっかんさん
    私の人生の師匠のおひとり、さっかんさんのblogです。よろしくおねがいします。
  • uccosan
     もう長いおつきあいですね~。でも、いつまでたってもpureなその視点には、心が洗われます。
Powered by Six Apart

日記・その他 Feed

2016年9月21日 (水)

安物買いの銭失い

Img_2038

 昨日、急に食べたくなって梨を買いました。今、旬ですからねえconfident。ただ、いつもいつもお金のない私のこと。やっぱり安いやつを買ったのですよ。「不揃い幸水・・・大きさは不揃いですが、みずみずしく甘みの強い梨です」ですって。5個入り490円です。他のはだいたい一つで150円くらいするものばかりでしたからねえ。

 で、家に帰って食べてみましたら、正直あまりおいしくない。「みずみずしい」といいますか、みずくさい。ほとんど味がしない。これは失敗でしたわ~。

 安いものでもたまにはおいしいものにあたったりするのでしょうけれど、やっぱりおいしいのを食べようと思ったらそれなりの代金を払わなきゃなりませんねsweat01。まさに「安物買いの銭失い」を地で行く行動をしてしまいました。給料が出てお小遣いをもらったら、今度はおいしい梨を買って食べたいと思います。毎日まじめに働いてますからね、それぐらいは許されるでしょうcoldsweats01。楽しみです。

2016年7月 7日 (木)

リフォームしてますねん

Img_1803

 今週のはじめから、我が家では居間・キッチン・トイレをリフォームしてますねん。今の家を新築で買って引っ越してきてから約25年。今まで壁を塗り替えたことはありましたが、本格的にリフォームするのは初めて。これがなかなか大変ですsweat01

 リフォームしているのは一階なので、一階のリフォームしていない部屋には荷物が山盛り詰め込まれ、窓も開けられない状態です。で、私と奥さんと三男は二階の部屋にそれぞれ避難して寝たりしているのですが、私なんか幅50センチくらいのところで寝ております。布団を縦に半分に折って寝ております。場所がないのです。

 なかなか大変な日々ですが、毎日仕事から帰ってくると少しずつ模様が変わっているので、それはそれで楽しいですconfident。最初の写真は二日ほど前のキッチンがあった場所の写真なのですが、今日はあたらしいキッチンシステムがそこにはまってましたconfident

 リフォーム中は本当に不便なのですが、それもあと2・3日。月曜日には出来上がるようです。出来上がりを楽しみにして、今夜も幅50センチで寝たいと思いますcoldsweats01

2015年12月11日 (金)

どうすれば虹の根元に行けるか

Img_1356_2 今日は私の住む大阪~奈良でもかなりの荒天で、なかなか大変でしたtyphoon。天気予報では回復傾向ということでしたので、家を出るとき一瞬「自転車で行こうかな」と思ったのですが、行かなくてよかったですcoldsweats01。もし自転車で行ってたら、もう大変なことになっていたと思います。

 家を出た時は雨は降っていなかったのですが、職場に着くころにはもう横殴りの雨rain。そしてそれが一瞬やんだ時に、なんと見事な虹が出てきました。それはもう本当にくっきりとした虹sun

 そしてこの虹が素晴らしかったのは、なんとその根元がはっきりしていたことsign02。私、今までこんなにはっきりと「虹の根元」を観たことがありませんでした。たぶん、生まれて初めてだと思いますshine。みなさんも観たいですか?それではImg_1359、はい。これです。写真ではあまりよくわかりませんかね~coldsweats01。でもね、それはそれははっきりしていたのですflair

 ただ、10メートルくらい前に「根元」があるなあと思って、そこから10メートル進むと、根元もその分進むんですよね。ですから「根元のところに到着する」というのはムリでしたcoldsweats01

 でもね~、今日は気温も含めて本当に変な天気でしたが、それでもいいものを見せていただきましたconfident

 本日のブログタイトルは、以前読んだエッセイのタイトルです。確か国語の教科書に載ってたんだったっけな~sign02

2013年9月 2日 (月)

ダブル・レインボウ

___39 私の住む大阪南部~奈良県地方、今日は午前中を中心に、ほぼ一日雨でございましたrain

 でもね、実は私が朝起きた時は、まだ降っていなくて、ちょうどichigo(柴犬♂たぶん9歳)とmikan(柴犬♀たぶん2歳)の散歩のときには、赤赤とした空だったのです。で、そこで観たのは、なんと虹でした・・・。

 あれ、こんな話、先日もしましたよね(http://ichi-papa.blog.eonet.jp/default/2013/08/post-79bd.htmlcoldsweats01。でもね、先日と違うことが一つ。今日の虹はなんと二重だったのですtyphoon。最初の写真がそれ、ただ、写真ではよくわからないんですよね。写真中央ちょっと右寄りに、割とはっきり分かる虹が映ってるでしょう?写真でいえばじつはその1センチく___48らい左側に、もう一本虹が出てるんですよね。家のアンテナのあたりimpact

正直、写真ではわかりにくいですが、ちょっと違う視点で見ましたら、左側の虹が(光線の加減だと思いますが)今日はかなりはっきりしている(二枚目の写真)shine。それを観るだけでも、これまた素晴らしかったです。

 今日から9月の仕事が始まります。今月は私、かなり忙しいことが予想されます。なんと言いましても、ここ2年半やってきた仕事の結果が出てくる月なのです。気合いを入れ直して今日からまた頑張らねばsign01と思っていた矢先の「虹」でしたので、「おっ、これは吉兆かもsign02」なんて思いましたが、実際仕事に行きましたら・・・まあ、普段とあまり変わらない、変わり映えしない職場の雰囲気でしたdash。それでもがんばりますけどねcoldsweats01。「人を相手とせず、天を相手とせよ」ですわ。

2013年8月19日 (月)

梅田から天王寺まで歩いてみました(2013.8.17)

Img_2046 先日ここでも書かせていただいた「半沢直樹 大阪ロケ地めぐり」の時のこと。思い立って梅田まで行ったのですが、そこでまたまた思い立ちましたflair。そうだ、時間もあるので、梅田から天王寺まで歩いてみようとflair。で、ちょうど地下鉄御堂筋線の上にあたるあたりを歩いてみましたよhappy01

 スタートは東京中央銀行大阪西支店・・・いえ、もとい、阪急ビルです。ここから御堂筋を南下して行きましたrun。余談ですがこの阪急ビル、中を改装する前の姿が映画「ブラック・レイン」で使われてますよねshine

Img_2050_2
 少し歩くと左(東)側に露天神社、つまりお初天神です。このあたりにはたまに来るのですが、横を走っていたのが御堂筋だったんですねえ。

Img_2052 で、そのまま10分くらい歩くと、中之島に到着。このあたりには歴史的な建造物も多く、また大きなビルも林Img_2054
立しております。

 そして中之島を抜けて地下鉄・淀屋橋駅を過ぎると、北浜のあたりに出ます。このあたりはなにかしら高級な感じがしますねえ。普段の私の生活にはまったく関わりのないような空間です。こういうところのオフィスで働いて、仕事終わりにこのあたりの高級レストランで食事をする。そしてマンションのおしゃれな部屋に帰る・・・。こういう昔の、石田純一さんが出ておられたトレンディドラマのような生活、してみたかったんですけどねえ(笑)coldsweats01

Img_2057_2

 そしてまた少し歩いて、地下鉄本町駅を過ぎたあたりで「松尾芭蕉終焉の地」の石碑を発見sign01。南御堂の前あたりです。
「旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる」ですなあ。

Img_2062

 そしてまたまた少し歩くと、クリスタ長堀のあたりに出ました。もうすぐ心斎橋です。一応、こういうものも撮っておきました。わかる人にだけわかってもらえればいいですcoldsweats01

Img_2063
 そこを過ぎると、本格的に心斎橋・なんばの繁華街に出ます。街中も急に人が多くなってきました。左の写真は大丸心斎橋店の裏側です。

 Img_2077

 そして道頓堀。ここでは「ロケ地写真」を撮るために少しうろうろしました。詳しくは先日の記事にてpaper。スタートしてここまでだいたい一時間くらいで到着しましたconfident

Img_2079
 そのあと、繁華街をあとにして、大阪球場(これも余談ですが、宮部みゆきさんの名著「火車」に登場した場所です)を過ぎたあたりから、人影もまたまばらになりますconfident

 左の写真はちょうど大黒町駅のあたり。大黒主Img_2080神社
ですって。この神社が由来となって、この駅名がついたんでしょうかねえsign02。そして今宮高校です。ダンスで世界的に有名ですsign01

Img_2081 そして新今宮あたり。地下鉄の駅で言いますと動物園前ということになります。駅の壁に動物の絵が書いてあるのは、昔も今も変わりません。左の写真はドラマ「半沢直樹」で赤井英和さんが「竹下金属」を営んでおられたあたりです。

Img_2087

 そしてここからちょっと東に進路をとりまして、新世界
の中を通り、ディープ大阪であるジャンジャン横丁を通りまして、天王寺まで戻ってまいりました。アベノハルカスが出迎えてくれましたconfident

Img_2089
所要時間だいたい2時間でありました。私はたぶん他の人より歩くのが早いので、普通に歩くと3時間ぐらいかかるのかもしれません。もし同じように歩こうと思われたら、一応そのくらいは計算に入れておいてくださいconfident

 

 

2013年8月17日 (土)

五山の送り火、拝んできました(2013.8.16)

Img_2031 昨日はちょっと野暮用で、京都・太秦まで行っておりました。用事は例の”あれ”ですhappy01。「太秦」ですのでねhappy01。で、せっかく京都に来てるんだからということで、用事終わりで「五山の送り火」を見てまいりました。

 ”用事”が終わったのが夕方6時30分頃。太秦から一番近い「山」は嵐山あたりにある鳥居形、それから左大文字だと思うのですが、欲張りな私は「一度に二つ見たい」と考え、それから「大きなものをしっかり見たい」と考えましたので、宝が池のあたりにあります「」それから「」を見に行くことにしましたfuji。宝が池のあたりには大学時代に住んでいたということもあり、また近くに宝が池競技場(ラグビーなどが行われます)があって、そこからすぐそばに文字が見られるということを知っておりましたので、そこまで移動して見ることにしました。一応申し添えておきますが、「五山の送り火」をいっぺんにすべて見ることができるスポットというのは、たぶんないと思います。もしかしたらあるのかもしれませんが、それはかなり困難なことです。ですので、文字を一つ、もしくは二つに絞るというのが正しい鑑賞の仕方だと思いますconfident

 ”太秦”から少し歩き、太秦天神川駅から地下鉄に乗って、宝が池にほど近い「松が﨑駅」で降りました。そして北山通りから一本北の道を行くとすぐに宝が池自動車教習所があり、そこから「妙」の字を見ることにしました。私は点火40分前(点火は8:10)つまり7:30くらいについたのですが、すでにたくさんの人が訪れておりました。そして点火時間が近づくにつれてますます人数が膨れ上がり、点火の頃には道路も人でいっぱいになっておりましたwobbly。で、予定時刻に点火flair。その瞬間はさすがに歓声が上がり、実際厳かな、しみじみとした気持ちになりました(最初の写真参照)confident

 点火して少し「妙」を鑑賞した後、たくさんいる人をかき分け、すぐに東方面へ。「法」を見るためです。この二つの字は同じ時刻に点火されるので、ぼやぼやしていると「法」が消火されてしまいます。見られるスポットは下調べ出来ていなかったのですが、とにかく東に歩を進めました。おもしろかったのは、逆に走ってくる人の多かったこと。「法」を見てから「妙」を見た方がいいのかなあ・・・と思うほどでした。結局は同じだと思うのですがcoldsweats01

Img_2033
 で、5分ほど東に小走りしたら、ついに見ることができました。「法」の字です。思ったより遠かったですcoldsweats01。心なしか、「妙」に比べて消えかかっている気が・・・sweat01

 そのあと、そのまま東に移動して叡山電車の修学院駅へ。出町柳で大阪行きの急行に乗り換え、帰ってきました。出町柳駅は「大文字」を見てきた人々でごった返してましたcoldsweats01

 そうそう、「法」を見たあと駅に向かって急いでいるときに、なんともう一文字、「大Img_2035
文字」もかすかに見ることができました。これです(三枚目の写真)。・・・すでに「大」なのか何なのかわかりませんが(笑)。でも、思いがけず三つも見ることができて(「大」もきっちり数に入れてますcoldsweats01)得したような気になりましたhappy01

 よく「大文字焼き」などといいますが、これはたんなる「山焼き」ではなくて、お盆に帰ってきた先祖の霊をまたあの世に送り返す・お見送りをするといったような意味が込められているようです。ですので、「送り火」というのが正しいようです。たとえば「花火大会を観に行く」のと同じような気持ちで見るのではなく、やはり「先祖へImg_2037
の感謝」やいろいろなことへの感謝などを胸に「火を見る・拝む」のが正しいあり方だと思います。私も亡くなった両親のこと、それから生きている私自身と家族のことを思いながら火を見つめていました。少々慌ただしかったですがcoldsweats01

 「送り火」を見ながら、忙しく去っていこうとしている今年の夏を思い、これからまた一年しっかり過ごそうと決意しましたsign01お盆休みもあと数日、仕事が始まったらまた目の前のことをしっかりやって行こうと思いますsign03。みなさま、よろしくお願いいたします。

2012年8月 5日 (日)

”ダークナイト・ライジング”観てきました

2012080508390000 今日は完全オフshine。ということで、映画を観にいってきました。「ダークナイト・ライジング」です。クリストファー・ノーラン監督の新・バットマンシリーズ三部作・完結編です。

 またそのうちDVDで観ようかな~と思っていたのですが、ことのほか評判がよく、お友達からも「ぜひ劇場でsign01」とのことでしたので、朝から観てきました。しっかりと昨日、三部作第一作「バットマン・ビギンズ」で予習いたしました。

 いや~、おもしろかったです。映画の話はまた近々書かせていただきますが、これは劇場で観て損はなし。といいますか、映画好きなら劇場で観ないと損ですcoldsweats01。ぜひ、前二作、「バットマン・ビギンズ」と「ダークナイト」を観てから行ってくださいねflair

 しかし、私がメイン映画館にしている、ワーナーマイカル西大和。今日もお客さん、入ってませんでした(写真参照)sweat01。大好きな映画館なんですけど、つぶれないか心配です。

 明日は仕事、あさっては撮影。久々の現代劇ですhappy01

 

2012年2月15日 (水)

とりあえず・・・サクラサク

P1010135 うちの長男は現在浪人中。昨年(高三時)は本命校一校だけを受験して、見事玉砕bomb。そこからただ勉強だけの一年を過ごしてきました。

 もうこれ以上浪人はできないということで、今年は本命の国立校以外に、私学を2大学(計3学部)、それに国立後期試験にも出願しました。

 で、本日はそのいわゆる滑りどめで受けた関西の私学の合格発表日でした。結果は・・・(今日のタイトルですでにお分かりだと思いますが)見事合格shine。よかった~crying

 

 いえ、本人は受けたその日から「絶対合格やでsign01」と強気なことを申しておりましたが、試験なんて受けてみなくちゃ分かりませんし、本人がそれほど自信を持っている大学にもし落ちでもしたら、本命校なんて受かる見込みはありませんからsweat01。でも、本当に合格してよかったです~crying。とにかくこれで来年度の「浪人」はなくなりましたshine

 うちの息子たち、次男はもう保育園の頃からとにかく目立つ子で、親が言うのもなんですが、変なオーラがあるcoldsweats01。とにかく派手なんです。中学時代、ラグビーを中心に活動していたので、その合間に所属していた野球部では試合でも控えだったのですが、最後の大会でサヨナラ満塁ホームランを打ったり・・・。また高校では(それほど実力が伴っているとは思わないのですがcoldsweats01)1年時から全国大会にベンチ入りさせていただいたり・・・。

 ところがそれに対して、長男はとにかく地味なのです。特に次男が目立つ分、その陰に隠れてしまっているところがあって、小学校でも中学でも「次男君のおにいちゃん」的な扱い・・・。親としては正直かわいそうだなあと思っておりました。うちの長男は本当に真面目で、どんなことにもコツコツ取り組むタイプですから、本当になんとか報われてほしいと思っておりました。

 それが今日、まだ万々歳ではありませんが、少しだけですが報われた気がして、親としては本当にうれしいですshine。あとはこの調子で、これもすでに受験が済んだ関東の私学にも受かって、そして次の次の土日に行われる、本命大学にも受かってもらいたいです。長男が受かるのならば、わたしにちょっとぐらいの不運が来てもかまわないのですけどねcoldsweats01

 ちなみに三男は、まあ、ふつうの子どもです・・・(笑)。

 とにかく、きょうは久しぶりにうれしくて、個人的なことを書いてしまいました。でも、昨年からご心配いただき、応援してくださったみなさま、ありがとうございました。ちなみにその長男、今日も予備校に通っていて、まだ帰宅しておりません。でも恥ずかしがり屋の長男のこと、帰宅しても、きっとあっさりしていると思いますshine

 写真は、昨年度の通勤時に毎日横を通っていた、吉野・大淀の名もなき桜ですcherryblossom

2011年11月19日 (土)

一週間たって・・・”ざわざわ”の正体

2011111409240000
 しつこく、同窓会ネタですcoldsweats01。それから今日は、非常に個人的な内容です。「私小説」のような・・・。

 先日、まだ”ざわざわ”している・・・との記事を書きましたが、ようやくその正体がわかってきました。

 今回は、高校を卒業して以来初、約30年ぶりの同窓会でありました。けれど顔を合わすと30年間の歳月は吹き飛び、あっと言う間に”あのころ”に戻ることができました。・・・と、それはいいのですが、結局戻ったその世界は、30年前の人間関係をベースにした、むしろそのままの世界でありました・・・。

 結局、そのことが私の”ざわざわ”の原因であったようです。私はそれなりに楽しい高校生活を送り、それなりに友達もいて、その場に出席することができ、それなりに楽しい時を過ごしました。ただ、それは高校の時以上でも以下でもなく・・・。

 少々抽象的で、なかなか分かりにくいかもしれません。そして(仕事などの用事などではなく)ここに出席できなかった人に比べれば、やはり幸せな高校生活を送ることができたと考えるべきでしょう。でも、高校時代の「切なさ」や「痛さ」は確実にあって、30年経ってそのこと(自分の不器用さ、など)を目の当たりにして、再び切ない気持ちになったってところでしょうかthink。あの頃、もっとこんなふうにしていればよかったなあ・・・、といくら考えたところで、今さらどうしようもない・・・。私の”ざわざわ”はそういう切なさであったのかもしれません。

 写真は、南海電鉄なんば駅です。

 

2011年11月17日 (木)

同窓会に出席して・・・

2011111316470000 先週の土曜日(11/12)、約30年ぶりの高校の学年全体同窓会(http://ichi-papa.blog.eonet.jp/default/2011/11/post-516f.html)に出席してから、なにかしら心の中が”ざわざわ”しています。いえ、前回も書きましたように、楽しかったのですよ。その時は、行ってよかったなあと、本当に思いました。ただその後数日経ちますが、余韻も含めて、なにかしら”ざわざわ”しているのです。

 この”ざわざわ”は何なのでしょう?

 たとえば、会の数日前から出席予定者名簿を見て「この人に会いたい!」と思っていた人が数人いて、実際にその数人とはしっかりとお話しをすることができました。願いがかなってそれはよかったのですが、冷静に考えてみると、逆に「私と会うことを楽しみにしていてくれた人って、いたのかなあ」などと考えると、ちょっと寂しくなったりして・・・。

 いえ、でも、「みんなに私に会いたいと思ってほしい!」というわけでは決してないのですけどね。でも元来「自分が!自分が!」というタイプであったことは否定しません。けれどここ数年は「脇役」の大切さを痛感し、そういう人に自分がなることの大切さもわかってきたように感じていたのですけどね。

 もしかしたら高校時代にタイムスリップし、精神的にも「若かった=わがままだった」頃に少し戻ってしまったのかもしれません。

 でもね、出来れば「私に会えてよかった」と思ってくれている人がいてくれたら、やっぱりうれしいなあというのが本音です。・・・まだまだ、「我執」は捨てきれず、まだまだ大人になりきれません(笑)。

 それから、同じ会に出席していた、これも10数年ぶりに会った友人の言葉も胸を突きました。

 「みんなあまり変わってないなあ。みんな楽しそうやなあ」と私。それに対して「ここに来ている人は、な。ここに来られへんかった人の中には、容姿や現在置かれている立場もろもろのいろんな理由でここに来たくなかった・来られなかった人がたくさんいるはずやで。それを考えると、なんかしみじみしてしまうわ。」とその友人。

 う~ん、確かにそうやろなあ・・・。正直私は高校時代よりも「かっこよく」なっている自信がありましたし(失礼!)、現在の同年代の人々と比べても「若々しい」、そしてその後の人生もそれなりに送れている自信がありましたから、高校時代あまりなかった人気を取り返そうと(笑)出席したわけですが、その逆の人もいるはずです。なにかしら人生の機微を少し感じてしまいました。

 あと、私は、老年を目前にして新しい人間関係が生まれればまた楽しいなあという思いもあったのですが、それも「う~~ん」といった感じです。

 30年経ちましたが、結局のところは「高校時代の人間関係」がベースにあって、そしてこの会が行われるのですよね。ですから、楽しかったのは確かに楽しかったのですけど、「高校時代はこういう扱いだったなあ」ということを再確認したようなところもありました。

 まあでもね、やっぱり中断していた人間関係がまた進みだしたということもありましたし、楽しいことはたくさんあったので、やっぱり行ってよかったのですが、次回もまた参加するかと訊かれたら・・・う~~ん、やっぱり即答はできません。