フォトアルバム

かぞえる君

Blog人気投票

  • 人気投票

お友達のブログです。こちらもよろしくお願いします。

  • 古市のかんさん
    私の師匠のHPです。よろしくお願いいたします。
  • ナラリーノさま
     「楽しいこといっぱい☆ナラリーノ国は国民総幸福(たぶん)」とのコピーは伊達じゃありません。いつも本当に楽しませていただいております。私も「隠れナラリーノ国民」です(笑)。
  • 黒蜜@きなこさん
     お料理だけでなく、日常の様々なもの・ことを@きなこさんらしい視点で紹介してくれます。@きなこさんらしい視点に、いつも癒されます。
  • さっかんさん
    私の人生の師匠のおひとり、さっかんさんのblogです。よろしくおねがいします。
  • uccosan
     もう長いおつきあいですね~。でも、いつまでたってもpureなその視点には、心が洗われます。
Powered by Six Apart

お出かけ・旅 Feed

2016年12月 1日 (木)

劇団四季”キャッツ”観てきました

Img_2200

 今日は劇団四季”キャッツ”を観てきました。ミュージカルが大好きで、いろんな公演を観てきた私ではありますが、この”キャッツ”は実は初めて観たミュージカル作品です。今から20年くらい前でしょうか、この作品を観て「こんな世界があるのか~sign02」と思い、そこからミュージカルにのめり込んでいったのです。音楽大好き、ダンスも大好き、お芝居も大好きな私ですから、考えてみれば好きになるべくして好きになったという感じがしますがconfident

 今日の席は一階のうしろの方。でもね、やっぱりこの作品は一階席で観なければなりません。なぜなら公演の時々で”猫さん”たちが一階の客席通路を何度もうろうろしてくださるのです。今日はマジカル猫さんに握手してもらいましたよshine。他の演目ではこういうことはなかなかありませんので、皆さんももし観に行かれることがありましたら、一階席をお勧めしますconfident

 一部と二部の間の休憩時、以前きたときにはオールドデュトロミーが舞台上でサイン会を開いていたのですが、今回はお客さんが舞台上に上がれる・舞台上を見学できるというサービスに変わっていました。もちろん私も上がりましたよcoldsweats01

Img_2196

 実際の公演の方、やっぱり素晴らしかったです。あの透明感。個人的にはみんなで汽車を作るあのシーンが大好きなのですが、それでもやっぱりクライマックスの「メモリー」は素晴らしいですshine。余談ですが今日のグリザベラ(メモリーを歌う娼婦猫)は早見小夜子さん。実はこの方、約20年前に初めて”キャッツ”を観たときにもこの役をされていたのです。これはすごい、そして素晴らしい偶然です。そしてその歌声は全く変わっていませんでした。素晴らしかったですshine

 最近はあまり四季の公演には行けてなかったのですが、やっぱり素晴らしい。またほかの公演にも足を運びたくなりました。私の好きな”アイーダ”、またやってくれないかなあconfident

2016年11月28日 (月)

”ぶどう餅”が食べたい

Img_4441_2 先日、高速バスに乗って香川・高松に行ってきたお話はここでもすでに書かせていただきましたbus。なぜ高松に行ってきたかというとその理由はいろいろあるのですが、そのうちの一つに「ぶどう餅が食べたいsign01」というのがありました。

 私、香川県の名物・名菓であります「ぶどう餅」が子どものころから大好きなんです。でもこの「ぶどう餅」、日本で一番賞味期限が短い名菓というふうにも言われています。賞味期限は通常で3日、一つひとつ包んであるやつで5日です。ですのでネットなどでの通販もやってないのですよね~。

 でもね、時々むしょうに食べたくなる。そうなるともう香川まで買いに行くしかない。ということで今回行ってきましたconfident

Img_4442

 「ぶどう餅」は漢字で「武道餅」と書きます。その見た目が「ぶどう」に似ているからこの名がついたわけではありません。ひと串にお団子が4つずつついております。基本的には甘いのですが、甘すぎるということはありません。ほど良い甘さですshine

 香川県の東部、三本松の駅前にある「巴堂」で作られているのですが、実は高松にも支店があります。中央公園の北側です。今回はここで買いました。

 今回もわざわざ買いに行ったわけですから(いえ、今回の用事はこれだけではなかったのですが)、けっこうたくさん買ってきましたよ。一応家へのお土産として買ったのですが、ほとんど私一人で食べてしまいましたcoldsweats01

 たくさん食べて今は堪能しているのですが、またそのうち食べたくなるんだろうなあ。なんとか香川に行かなくても買えるようにしてくれないかなあ・・・。そう願ってやみません。 

2016年11月26日 (土)

高速バスで、Go!

Img_4419

 実は先日、高速バスで香川県は高松まで行ってきましたbus。本当はバイクで行くか、もしくはフェリーでゆっくり行くかしたかったんですけど、時間の関係やお金の関係で、一番都合がよかったのが高速バスなのです。

 私、高速バスってほとんど使ったこと、無いんですよね~coldsweats01。元々バスがあまり得意ではない(子供の頃は遠足でバスに乗ると必ず酔ってましたsweat01)ことも手伝って、交通手段に高速バスはあまり考えたことがないのです。

 でも今回使ってみて、その快適さに驚きました。いえ、バス自体は設備も大したことはなかったのですが、思ったよりも短時間で到着出来ましたし、乗っていてそれほど窮屈でもありませんでした。ちなみに大阪(難波・Ocat最初の写真参照)から高松まで、片道3900円(いろいろ割引あり)、所要時間約3時間30分でした。

 これなら、東京あたりへでも高速バスで行ってみようかな~。いえ私、以前から東京にも行ってみたいと思っていたのです。でも、遠いですし、新幹線や飛行機ならお値段も高いですしね~。でも、夜行の高速バス、なかなかいいですね~shine。ちょっと選択肢が広がった感じで、うれしくなりました。


YouTube: サイモンとガーファンクル ~ アメリカ


 昔よく聴いたサイモン&ガーファンクルの「アメリカ」という曲を思い出しながら、高松までの往復、バスの旅を楽しんできました。ちなみにこの「アメリカ」という曲、若い恋人同士がバスに乗って「アメリカを探す旅」をするというお話。いい曲なんですよね~。最初のハミングもいいし、最後の電子オルガンの音色もいいのです♪

2016年11月19日 (土)

南港で”お楽しみ”

Img_2153

 11月はずっと忙しかったものですから、私の大きな趣味(いわゆる”お楽しみ”)の方にはなかなか応募さえできなかったのですが、今日は久しぶりに参加してきました。来年公開予定の映画です。

 ただ、今日の天気予報が「雨」だったものですから、実際に行われるかどうかは行ってみないとわからない。そんな状況の中、朝4時に起き、5時に家を出て”会場”に向かいましたcoldsweats01。途中で係りの方から「今日、実施予定です」と電話は入ったのですが、実際に現場に行って準備して「いざ、スタート」となったところで、雨rain。お天気の回復待ちとなりました。

 実際に「あるのか~?」と不安になりながら1時間半ほど待ちまして、ようやくスタート。とにかく今日「あって」、まずはホッとしました。

 実際の「お楽しみ」自体は短時間でもあり、なおかつ今日は「おいしい」ところもなく、「まあ、こんな日もあるわな~」という感じで終わりました。本当に、いい時もあれば悪い時もありますので、こんなことで文句を言ったり凹んだりはしていられません。それでもまあ、現場に立ち会えましたし、普段はしない格好もさせてもらえましたのでね、良しとしましょうcoldsweats01

 終わってからは、せっかく大阪の南港まで来ましたから、ちょっと港の方

Img_2164

に寄ってみました。そろそろクリスマスのムードが漂っていましたよ。若い時はよく街に出ていましたから、そういうことにも敏感だったのですけどね~。

 明日は私が所属する県の、いわゆる”花園”予選の決勝です。私もレフリー団の一員として参加します。また感動的な試合を見せてくれるんだろうな~。それと、同じ時間に行われる息子のチームの試合も気になります。明日勝って、何とか入れ替え戦を回避してほしいですconfident。明日はラグビー一色の一日になりそうですshine

2016年11月14日 (月)

”柿の葉寿司”を作ってきました

Img_2146

 今日は職場の研修で、柿の葉寿司を作る体験をしてきました。「柿の葉寿司」、関西以外の方はあまりご存じないかもしれませんが、奈良県の伝統的なお寿司なのです。他のところから奈良県に来られた時に、お土産に買っていかれる方も多いのですよ~confident

 奈良県内には柿の葉寿司のお店も多いのですが、今日お邪魔しましたのは老舗のうちのひとつ、「平宗」です。はじめ、奈良県が誇る映画監督である河瀨直美さんが監督・ナレーションをされた「柿の葉寿司を紹介する映画」(15分弱)を観まして、そのあと実際に作りました。

 決して難しいものではありません。すし飯とネタを柿の葉で包むだけなのですが、これが結構楽しいhappy01。あっという間に所要時間の1時間が過ぎてしまいました。

 出来上がったお寿司はお土産として持って帰りました。本当は常温で保存し、一日ぐらい置いてから食べた方がいいらしいのですが、我慢できませんので、このあと夕食時に家族で食べたいと思います。でも、やったことのないことをするのは、やっぱり楽しいですね~shine

2016年10月25日 (火)

関西大学ラグビー(Aリーグ)第4節を観てきました

Img_2118

 先日の日曜日、久々にオフとなりましたので、関西大学ラグビーAリーグの第4節を観に、花園ラグビー場まで行ってきました。うちの次男が所属しているチームの応援のためです。正直この日の試合は勝てるとは思っていませんでしたので応援もどうしようかなあと思っていたのですが、時間もできましたし、それに実は3歳からラグビーを始めた次男の試合もこの日を含めてあと4試合(たぶん・笑)。それならできるだけ応援しようかなあと思い、やってきました。ただし、次男はすでに選手ではないんですけどね、でも、チームの幹部として真剣にラグビーとかかわってますのでね、それを応援しに来ました。

 この日は試合前に先日亡くなられた平尾誠二さんに対する黙とうが行われました。この日は旗もこのとおり半旗です。この日は二試合ありましたので、二試合とも試合前に黙とうが行われたのですが、さすがの大阪でも「さっきもやったやんけ」とのヤジも出ず、平尾さんのすごさがわかります。私も二回、黙とうしました。

Img_2115


 今日の二試合を観て一番感じたのは、天理大学の仕上がりのすごさです。どの局面のプレーを見ても、だれもが基本通りきちっとしたプレーをしています。これ、簡単なようでなかなかできることではありません。選手の皆さんの意識の高さと、指導される監督・コーチ陣の力量の高さのなせる業だと思います。今までいろいろと努力されてきたんだろうなあと、改めてここまでの日々の努力に対して拍手を送りたいと思います。これなら大学選手権も期待できるのではないかと思っています。本当に期待しています。

 ところで我が次男が所属する大学は、今日も正直今一つ・・・。みんな頑張っているのはわかるんですけどね。いろいろと難しい問題があるのはわかりますが、いまさら言っても仕方ないことも多いですのでね、今は今できることをしっかりやってほしいと思います。残り3試合、悔いのない形で終えてほしいと思います・・・。残り4試合(入れ替え戦)にならないように・笑。

 最後に、関西大学Aリーグ展望。優勝は天理で間違いなし。2位は同志社。でも、今、京産と試合をしたら京産が勝ちそうな気がしますけどね。同志社はあまり安定感がないのですよ。ミスも多いですし。そして3位が京産。残りは団子状態ですが、入れ替え戦に回るのは摂南そして関大かな。リーグ戦を突破した3チームは、選手権で何とか一つでも上に行ってほしいと思います。打倒関東だ!

2016年10月23日 (日)

映画「バースデーカード」観てきました

Img_2112 昨日は午前中は仕事、昼からはオフでしたので、映画「バースデーカード」を観に行ってきましたconfident。実は私、この作品にも”お楽しみ”で参加しているんですよね。ほんのワンシーンですけど。手ごたえとしては50:50.でも映画の場合はスパッとカットされることもよくあるのでどうかなーとは思っておりました。ですのでその確認のために行ってきましたconfident

 で、その答えとしましては・・・映っておりました。まあ、いつものように1秒もないくらいですけれど、はっきりと映っておりました。はい、満足ですhappy01。どのシーンかお知りになりたい方は、個人的にお教えいたします(笑)。

 あと、予想外でちょっとびっくりしたのは、私に縁の深い小豆島がロケ地のひとつになっていたこと。お母さん役の宮﨑あおいさんの出身地ということになっていました。具体的には旧戸形小学校(映画の中では戸形中学校になってましたね・笑)がタイムカプセルを掘り出す場所として使われてましたね。この場所、名作「八日目の蝉」で親子が切なくも温かく触れ合うシーンで使われてました。それと福田港。「八日目の蝉」ではあの親子の別れのシーン、その子はまだご飯を食べてないの・・・のあのシーンの港も出てきました。この映画でも別れのシーンでしたconfident

 

 映画自体の感想はまた近々「映画の話」で書かせていただきますが、なかなか良かったです。こういう映画って「お涙ちょうだい」になりそうですし、そういう映画は私、大嫌いなのですが、この映画はさらっとしていてほんわかしていましたconfident。きっと大ヒットまではしないと思いますが、見て損はない作品だと思いますよ。よかったら劇場まで足をお運びくださいhappy01

2016年10月19日 (水)

御土居って知ってます?

Img_4346

 先日(2016.10.10)の京都・美山へのツーリングの途中、御土居の址にも寄ってみました。

 御土居ってご存知ですか?豊臣秀吉が築いた堤防のようなもの(土塁)で、これによって京都の町の内と外を区別しようとしたのです。現在も使われる「洛中」「洛外」という言い方も、御土居の中と外を意味しています。これ、考えてみれば、城の周りに壁を築くようなものですかね~。とにかく秀吉の行った京都改造事業のひとつです。

Img_4349


 実は私、この「御土居」というものを、最近まで知らなかったんですよね~coldsweats01。京都にも住み、京都好きを自認する私、確か昨年だたでしょうか、NHKのブラタモリ・京都篇でタモリさんが話題にされて、はじめてその存在を知ったのです。その後、京都検定3級を受験する折には、しっかり勉強しましたけどねconfident

 今回寄ってみたのは、千本通の北、佛教大学や光悦寺のすぐそばの遺構です。TVではタモリさんがここに上っておられましたね~。でも、こんな土塁をかなり広い範囲に築いてその力を誇示しようとしたなんて、秀吉さんも「いかにも」な感じがします。

 写真を見ていただくとわかりますように今はすでに雑草も生えて、いかにも「今は昔」といった感じですが、それでも盛り土(!)は今でもしっかり残っていて往時を思い出させます。この場所でかつて確かに京都を改革しようとしていたんですねえshine

Img_4353 遺跡の前にはこれもTVで放送されていた「御土居餅」のお店がありました。京都らしい、地味ながらも風情のある町でした。京都は本当にどこにでも歴史の面影がありますねえconfident

2016年10月12日 (水)

京都・美山、「かやぶきの里」に行ってきました・後編(2016.10.10)

Img_4375

 それでは前回の続きをconfident。ここはかやぶきの家が一つのところに集まっていますので、非常に見やすいです。ぐるっとそれほどの時間をかけずに散策できますので、いい散歩コースといった感じですconfident。私、まだ行ったことはないのですが、白川郷の合掌造りの里もこんな感じなのでしょうかねえshine

 ぐるっと回っておりまして、一つ気づいたことがありました。家の屋根の

Img_4383

ところに、それぞれ家紋のようなものがデザインされているのですねえ。左の写真のような感じです。これ、家によって図案が違うのですよ。例え

Img_4393ば右と左では違うでしょ?こんなところも気にして歩けば、それはそれで興味深いものになりましたconfident

 集落の中には美術館やパン屋さん、そしてカフェなんかもありまして、若

Img_4400_2

い人のデートにもいい感じんんじゃないかと思います。この日は年齢を重ねた方がほとんどでしたけどcoldsweats01

かやぶきの家々もいい感じでしたが、秋を感じさせる花々も咲いていて、より一層癒されましたconfident

 最後はバイクを停めたところに戻って、ちょっと早いお昼ご飯を食べ、か

Img_4413

やぶきの里をあとにしました。ちなみに昼食はミニそば付き玉子丼、700円なりでした。

 里をあとにしたのは12:00前。そして家に着いたのは15:30くらい。ちょうどいい秋のいい気分転換になりましたhappy01

 ついでに、使ったガソリン6.84リットル。752円でございました。安いsign01

2016年10月11日 (火)

京都・美山、「かやぶきの里」に行ってきました・前編(2016.10.10)

Img_2096

 前日、10月9日に今年の「大仕事」を一つ終えた私。10日は自分へのご褒美という意味を込めまして、バイクでツーリングに出かけました。行先は京都・美山にあります「かやぶきの里」。その名の通り、昔ながらのかやぶき屋根の家が集まっている集落です。京都の町中・いわゆる「洛中」から少し北に上がった山の中にあります。あと少し北に上がりますと、福井県・小浜のあたりになりますtyphoon

 早朝6:30に家を出発。国道170号線を北上し途中から第二京阪の下道をひたすら京都に向かいました。休日の早朝ということもありまして、8:00過ぎには京都市内に入りました。美山に向かうには大きく分けて二つの道があるのですが、私は千本通りを北上し、周山街道を通って途中から162号線に入る道を通りました。大学の頃よくとおった道ですし、途中にある「京見峠」にウン十年ぶりに行ってみたかったのですfuji

Img_4357

 佛教大学のあたりから細い道に入り、交互通行できないような細い道を北上しましたら、久しぶりの京見峠です。でもね~、「京見峠」といいながら、ほとんど京都の町中は見えないのですよ。特に車やバイクからでは。左の写真を参照してくださいね。

 まあ、大昔、江戸時代ぐらいまでは、この

Img_4359峠から京都の町がよく見渡せたんでしょうね。今ではちょっと物足りない感じですcoldsweats01。右の写真のように「峠の茶屋」もあるんですけどね(でも営業してるかどうかは不明です)。

Img_4368

 そこからなおも北上しまして163号線と合流します。ここからはそれなりに走りやすい。川端康成さんの名作「古都」をほうふつとさせる北山杉の村を横目にひたすら走ります。

 この道は「ウッディ京北」や「美山ふれあいの里」などのいわゆる「道の駅」的な施設がいい頃合いで存在しているので、走りやすいです。いい感じで休憩ができますconfident

Img_4371

 そして、「美山ふれあいの里」を目印に、そこの交差点を右に曲がり少し走りますと、いよいよ「かやぶきの里」に到着です。この日は休日だったからでしょうか、観光バスも何台か来ていて、けっこうたくさんの観光客の方が来られてました。人里離れた田舎の村に、いきなり人がたくさんいて、ちょっとびっくりしましたcoldsweats01

 無料駐車場(駐輪場)もしっかり完備されており、お土産を買ったりご飯を食べたりする施設もありますので、非常に過ごしやすいところでした。到着時間は10:30過ぎ。私はバイクを停めて、里をゆっくりと歩いて回りました。

Img_4412

 里で感じたことなどをまだまだ書かせていただこうと思うのですが、長くなってきましたので、今回はこの辺で。